ホーム > 執筆情報 > その他

執筆情報 : その他

[その他] 一覧

月刊 税務事例12月号に掲載されました

財経詳報社様が毎月発行されている「月刊 税務事例 12月号」において、弊社税理士の多賀谷博康が重要判例解説として「不動産流動化実務指針が法人税22条4項にいう公正処理基準には当たらないとされた事例」を執筆いたしました

続きを読む

税理士業務に活かす!通達のチェックポイント : 所得税裁判事例精選20

酒井克彦 編著・監修『税理士業務に活かす!通達のチェックポイント : 所得税裁判事例精選20』(第一法規2018)において、弊社税理士多賀谷博康が「8 匿名組合の所得区分に関する通達改正と『正当な理由』」「19 従業員慰安旅行に係る経済的利益と少額不追及」を執筆いたしました。

続きを読む

Accord Tax Review第9・10号に掲載されました

 一般社団法人 アコード租税総合研究所様が発行されている「Accord Tax Review(アコード・タックス・レビュー」第9・10号合併号(2018年3月刊)において、弊社税理士の多賀谷博康が「法人税法132条の2の適用要件とその射程範囲 -ヤフー事件最高裁判決を素材にして- 」を執筆いたしました。

続きを読む

税理士業務に活かす!通達のチェックポイント : 法人税裁判事例精選20

 酒井克彦 編著・監修『税理士業務に活かす!通達のチェックポイント : 法人税裁判事例精選20』(第一法規2017)において、弊社税理士多賀谷博康が「6債務確定基準と前払費用」「17非上場株式の評価」を執筆いたしました。

続きを読む

税務弘報に掲載されました。

中央経済社様が毎月発行されている「税務弘報 2016年3月号」に、ファルクラム租税法研究会として弊社税理士の多賀谷 博康、小山 勝が参加したディベートの執筆記事が掲載されました。
連載 ディベート租税法 第8回
法人税法132条の2の規定は法人税制度の濫用に適用できるか〔後〕

続きを読む

税務弘報に掲載されました。

中央経済社様が毎月発行されている「税務弘報 2016年2月号」に、ファルクラム租税法研究会として弊社税理士の多賀谷 博康、小山 勝が参加したディベートの執筆記事が掲載されました。

連載 ディベート租税法 第7回
法人税法132条の2の規定は法人税制度の濫用に適用できるか〔前〕

続きを読む

あんしん財団様発行「あんしんLife 2015年9月号」に掲載されました。

一般財団法人あんしん財団様が毎月発行されている「あんしんLife 2015年9月号」の経営相談Q&A「M&A」において、弊社税理士の多賀谷 博康、公認会計士の野村 昌弘のインタビュー記事が掲載されました。

http://www.anshin-zaidan.or.jp/life/201509

続きを読む

あんしん財団様発行「あんしんLife 2015年8月号」に掲載されました。

一般財団法人あんしん財団様が毎月発行されている「あんしんLife 2015年8月号」の経営相談Q&A「相続税」において、弊社事業承継・相続税対策支援室室長の山崎 健兒、副室長の近藤 哲のインタビュー記事が掲載されました。

http://www.anshin-zaidan.or.jp/life/archive2015/201508

続きを読む

税経通信8月号に掲載されました。

税務経理協会様が毎月発行されている「税経通信 2015年8月号」のFEATUERSにおいて、弊社税理士の宮下 知昭が「財産債務調書の創設」を執筆いたしました。

http://www.zeikei.co.jp/tsushin/tsushin.htm

続きを読む
このページの先頭へ