ホーム > コラム > 「粉飾はブレーキを持たない」

コラム

「粉飾はブレーキを持たない」

東芝の会計不祥事は依然として「不適正」とか「不適切」という形容で語られているようですが、報道を見る限り、利益改竄目的の会計操作ですから、「粉飾」と呼ばれても仕方がないでしょう(「粉飾」というと、犯罪性が強くなるので、メディアでは強制捜査が入るまで「粉飾」という言葉は使わないそうです)。
誰でも粉飾をやりたくて、しているわけではありません。粉飾は犯罪ですから、やむを得ず始めたとしても、できるだけ早く切り上げたいと思っているはずです。しかし、粉飾は一度始めると、なかなか止めることはできません。

在庫の水増し
粉飾の典型である在庫操作を例にとって見てみましょう。第1期が次のような決算状況だったとします。

(1)第1期の正しい損益
売上:1,000
売上原価:1,100(期首在庫500、当期仕入900、期末在庫300)
損益:△100

 売上は1,000で、売上原価は1,100ですから、損益は100の赤字です。赤字は困るので、(2)のように粉飾することにしました。

(2)第1期の粉飾した損益
売上:1,000
売上原価:900(期首在庫500、当期仕入900、期末在庫500)
損益:100

 本当の期末在庫は300ですが、500に水増しして、売上原価を900にすると、利益は100になります。ただ、この操作は一時的に利益を出すための粉飾ですから、利益状況が好転すれば、適正な期末在庫に戻したいと考えています。

損益好転しても是正できない
第2期になり、損益は次のように好転しました。

(3)第2期の正しい損益
売上:1,000
売上原価:900(期首在庫300、当期仕入900、期末在庫300)
損益:100

 第2期の実態は(3)の通りなのですが、帳簿上はこうはなっていません。それは、(2)で期末在庫の粉飾を行っていて、(3)の期首在庫は500で計算するからです。第2期で粉飾を行わないと、第2期の売上原価は1,100(500+900-300)ですから、第2期の損益は100の赤字になってしまいます。第2期の正しい損益を維持するためには、(4)のように、やはり期末在庫を500として、在庫の過大計上を続けざるを得ません。

(4)第2期の粉飾した損益
売上:1,000
売上原価:900(期首在庫500、当期仕入900、期末在庫500)
損益:100

背後霊
上記の設例では、第2期は損益が好転しているので、在庫の粉飾額は前期と同額で済みましたが、粉飾をするような会社はそう簡単に収益は好転せず、赤字額が拡大していくのが普通です。粉飾決算は損失の先送りに過ぎませんから、黒字を仮装するためには粉飾の金額は雪だるま式に膨らんでいきます。粉飾決算を途中で是正することは容易ではないのです。東芝のように内部告発で露見するか、あるいは資金繰りに詰まるまで、とことん行ってしまいます。
粉飾決算はブレーキを持たない車のようなものです。その代り強力なアクセルがついていますから、走り出したら止まりません。車なら買わなければいいのですが、残念なことに粉飾という車は常に背後霊のように会社に存在しています。東芝のように油断すると走り出します。
経営者は粉飾という車が走り出さないように、自らを厳しく律すると同時に監視を怠ってはいけません。それが東芝事件から学ぶ大きな教訓でしょう。

このページの先頭へ