エントリーアイコン Entry

Menu

やりたい仕事を とことん応援してくれる

第1部門
Eiichi Nakazawa

Profile

2011年4月入社
長野県長野市生まれ 神奈川大学経済学部、
成蹊大学大学院経済経営研究科卒業

長野県北信地域の企業を中心に、月次監査・決算申告業務、経営計画策定支援業務、会計システム導入支援・経理業務改善支援業務等を行っています。

入社の動機

「この会社で働きたい!」
と思ったから

私の就職活動は“就職氷河期”でした。そのせいか、企業の面接に行っても学歴や取得している資格など表面的な質問ばかりでした。そんな中、当法人の面接では、自分に興味を持って話を聞いて頂いたように思います。
当時の面接担当は、私の入社後の上司となるマネージャーでしたが、私自身が「この方たちと仕事がしたい!」と強く思ったことを覚えています。
入社後は、上司をはじめ周囲の方が「仕事を教えよう」とする姿勢が強く、一つひとつ丁寧に教え、育てていただきました。

当法人の魅力

自分の挑戦を応援してくれる

税理士や公認会計士はもちろん中小企業診断士や社会保険労務士など、さまざまな分野の有資格者がいることです。また業務としては月次決算・早期決算確定・決算書の信用補完・申告書の早期提出・目標明確化の「5点セット」の実践にも力を入れ、100%の達成を目指しています。そして、一人ひとりが「あがたグローバル」のメンバーとしての自覚を持ち、努力していることです。
自分に必要と思う資格やスキルアップのための研修受講についての支援もあり、やりたい業務についてはとことん応援してくれる環境があります。

充実の社員旅行

学ぶ姿勢を持ち続ける

当社の社内行事のひとつに社員旅行があるのですが、印象に残っているのが「ベトナム旅行」です。「学びのある旅を」という方針で、観光だけで終わることなく、何かを学ぶことを目的としています。ベトナム戦争時に使用された防空壕や、メコン川の広大さなどを体感し、充実した旅行となりました。

プライベートの過ごし方

自分で計画できるから
プライベートも充実

当社の仕事は企業の経営者や幹部の方とのコミュニケーションが大切です。入社当初は、発信力こそコミュニケーション能力だと思っていたのですが、クライアントからの話をよく聞き、思いをくみ取ることの大切さを学び、それからはクライアントのニーズに即した提案業務へと結びつけることができました。
ひとつの案件を終えるまでは多忙を極めることもありますが、自分のタイミングでスケジュールを組むことができるので、プライベートの時間を充実さることができるのも当社の良さだと思っています。
休日には趣味の釣りや、スポーツ観戦、映画鑑賞などを楽しみ、リフレッシュしています。今後は船舶免許を取得して海釣りにも挑戦しようと思っています。

学生さんへ

働く自分が想像できる
会社を選ぶこと

私が関わる仕事は、ひとつの企業や経営者だけでなく、取引先、そこで働く従業員やその家族など多くの方の人生に関わっており、仕事をすればするほど重要性を感じ、社会貢献度の高い仕事であるとも感じます。
私の就活を通して感じた事は、就職活動の結果自体には正解はないということ。入社後の努力で自分の選択が正解だったと思えれば良いということです。私が「この方たちと働きたい!」と思ったように、自分が働いているところが想像できる会社を選ぶことをおすすめします。元気で前向きな後輩を待っています!

別のインタビューを見る

Other People